ぱぷでみー賞

日本一役に立たない映画感想とか趣味の話し。

フィラデルフィア/あなたを4歳の子供だと思って説明します

いつも読んでくれてありがとうね~。
今日はジョナサン・デミっていう有名な映画監督とアメリカのトム・ハンクスっていう有名な俳優さんの映画『フィラデルフィア』のお話をしますね。
HIVっていう病気や、同じ性別の人を好きになる人にまつわる映画だよ。
主題歌はこれまた有名なブルース・スプリングスティーンっていう人が担当して超最強デッキみたいな映画だよ。

 

4歳の子供に説明するつもりで書いてみました。笑
劇中の印象的なセリフです。

 

  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想

 


まずは概要

 

原題:Philadelphia
上映時間:125分
監督:ジョナサン・デミ
脚本:ロン・ナイスワーナー
出演者:トム・ハンクス/デンゼル・ワシントン/アントニオ・バンデラス
公開:1993年
製作国:アメリカ

 

 

 

 

あらすじ

 

アンドリュー・ベケットことトム・ハンクスがバリバリのやり手弁護士。
一流弁護士事務所の中で出世していって、ある日残業していると社長陣に呼ばれて役員室(?)の様な所に行くと、ゴッドファーザーかな??くらいバチバチにタキシードで決めた社長陣に、「あの裁判どうよ??」と雑談の様な面談の様なものを始められて、あれよあれよと「おめでとう!昇進だ!」カンパ~イ「ところでそのアザはどうしたんだい??」、「スポーツでぶつけました」となる。

アメリカの映画とかドラマに出てくる社長室ってなんであんな豪華なんだ。あれはリアルなのか??大体お酒置いてあるしな…

 

それよりあのシーンの役員どもは、なんで会社であんなバチバチに決めてるんだよ。
なんか意味あるの????

 

意気揚々と裁判の準備を進めているトム・ハンクスだが、なんだか具合が悪そうだし、ママからも病院の結果はどうだったの??なんて心配されてる。
それでもバリバリ準備をするやり手トム・ハンクスですが、せっかく準備した資料がないぞ!!と電話を受け、急いで病院から向かったのですが…まさかのそれを理由に解雇!!!! アメリカ怖

 

当然納得いかんトム・ハンクスは裁判で戦ったことのある弁護士デンゼル・ワシントンに「弁護してくれや」ってお願いに行くのですが、すでにやせ細って一瞬誰か分からないレベルのトム・ハンクス。
さらっと「エイズなのよ」って伝えたら、握手していた手も早々に引っ込めて、トム・ハンクスが触ったところめっちゃ睨んで差別意識丸出し。
でも1980年代はエイズって治療薬も無く、空気感染はしないとかの知識もまだ一般的ではなかったようなのでこういう反応も仕方ないといえば、仕方ないのかもですね。

 

当然弁護は引き受けず、トム・ハンクスの運命やいかに!!

 

ネタバレ無し感想

 

この映画存在すら知らなかったのですが、CS放送で見つけて気になり鑑賞。
『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督とトム・ハンクスのゲイやエイズへの偏見と闘ったお話しとの事で面白そうだなと思い鑑賞。

 

本当にさらっとあらすじを観ただけだったので、誰がゲイなんだろ??って感じで観始めたらまさかのトム・ハンクス!!
トム・ハンクスのゲイ役ってなんかすごく意外でびっくり。
偏見にあっている人たちと共に戦う人役かと思い込んでました。
『フォレスト・ガンプ』や『アポロ13』の直前らしくまだまだ人気俳優というより、コメディ俳優のイメージが強かったみたいですね。

 

兎にも角にもトム・ハンクスの演技が凄いです。凄まじいです
トム・ハンクスってこんな感じの演技をする人なんだ!?とびっくりしました。
マジでそれだけでも、かなり観る価値ありです。
『マシニスト』の時のクリスチャン・ベール伝説を思い出す痩せっぷりです。
だてにずっと第一線じゃないんだなーと称賛の言葉しか出てこないです。

 

冒頭がちょっと細身の若いいつも通りのトム・ハンクスなんですが、病気が進行してから出てくるトム・ハンクスがもう本当に誰だか分からなかったです。
トレードマークみたいなクリクリのブラウンヘアも色が抜けて全然クリクリしてなくて、もはや髪すらも元気ないんです。すごすぎ

 

デンゼル・ワシントンも当然存在感あるのですが、なんかもう比じゃないです。
トム・ハンクス独壇場みたいな。

 

映画は法廷のシーンが多いのですが飽きずに観れるのもトム・ハンクスのおかげかと。

 

そいえば『羊たちの沈黙』で虫相撲みたいなのしていた司書さんみたいな人がこちらにも出ていた気がします。
ジョナサン・デミファミリーなのですね。

 

 

続きを読む

エレファント・マン/デイヴィッド・リンチの超絶正統派映画

いつもお読み頂きありがとうございます。
今日は『エレファント・マン』あのデイヴィッド・リンチ監督の超絶正統派映画。

 

2回目の鑑賞ですが、最初に観たのがいつだったかもう全く思い出せないくらい前なので、ジョンが「ありがとう」と「友よ」的な言葉をたくさん言っていたこと以外はほぼ覚えていなかったですが、しっかり面白かったです。

 

  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想

 


まずは概要

 

原題:The Elephant Man
上映時間:124分
監督:デヴィッド・リンチ
脚本:クリストファー・デヴォア/エリック・バーグレン/デヴィッド・リンチ
出演者:ジョン・ハート/アンソニー・ホプキンス
公開:1980年
製作国:イギリス/アメリカ

 

 

エレファント・マン (字幕版) (4K UHD)

エレファント・マン (字幕版) (4K UHD)

  • アンソニー・ホプキンス
Amazon

 

 

あらすじ

割りと有名な映画だしストーリーも正統派なので、あまり説明することがないような気がしますが…。


19世紀のロンドンでエレファントマンと呼ばれた奇形のジョン・メリックさんが見世物小屋で凡そ人間とは思えない扱いを受けて過ごしていた中、レクター博士ならぬアンソニー・ホプキンス医師が研究したいんだか、学会で発表したいんだかで見世物小屋から病院へ引き取りましたとさ。

 

口も歪んでいてまともに喋れないようだし、どうやら知能にも遅れがあるようだって診断したのですが院長に意思の疎通ができると思わせられないと病院を追い出されそうだから、とりあえず挨拶とか教えなくては…!!って数時間レクチャーしたけど、そんな付け焼き刃みたいな方法はうまくいかず…と思ったら!!みたいな感じです。笑

 

すごい適当に書いてしまいましたが、実在の人物のお話しなのであまり茶化したあらすじを書く気持ちには当然なれず…

 

ネタバレ無し感想

多分初めてみた時はデイヴィッド・リンチ監督も知らないで観たので穿った見方もしないでとても感動したり、胸が締め付けられるような思いをしたりと映画自体を純粋に観ていた気がします。

 

が、そこから何年何十年とたってあのデイヴィッド・リンチ映画だよ。と思いながら観るとそれはそれで面白いんですよね。
鬼才感ないというか、カルト映画じゃないとか色々思ってしまいますが、ちゃんと正統派の内容を正統派に撮って感動させられる技量があるからあんなぶっ飛んだ映画をちゃんとまとめられるんだよなーなんて妙に納得してしまう出来。
まぁ私は『ストレイト・ストーリー』が大好きなので元々そんなに違和感はないというか『ストレイト・ストーリー』のがらしくない感じなので…笑

 

1980年の映画ですがあえて白黒だったりして、やっぱり一癖あると言うかセンス?感性が凄い。
19世紀感はでるわ、奇形のジョン・メリックさんがホラーな雰囲気にならないわ、どこか現実離れした感じになるわでこの映画とモノクロ映像の親和性は凄いと思う。

 

ジャケットで怖そうな話なんじゃないか??とか
デイヴィッド・リンチ監督って聞いて身構える人も。
そもそもデイヴィッド・リンチ監督って誰??って人も心配しないでみて大丈夫です!!

 

続きを読む

市子/市子ちゃんってどんな子??

いつもお読み頂きありがとうございます。

今日は『市子』杉咲花さんがとにかく凄い。

パッと見は『誰も知らない』の様な話かと思いきや全然違う!!

 

  •  
  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想
 
まずは概要

原題:市子
上映時間:126分
監督: 戸田彬弘
脚本:上村奈帆/戸田彬弘
出演者:杉咲花/若葉竜也
公開:2023年
製作国:日本

 

珍しく邦画続きですがめちゃくちゃおもしろくてびっくりです。

 

市子

市子

  • 杉咲花
Amazon

 

あらすじ

彼と同棲中の市子。

 

つつましいというか、質素な暮らしをしているのは一目瞭然ですが幸せそうです。
食事中に彼が突然プロポーズします。
思わず涙を流して喜ぶ市子。幸せそうだな~なんて見てると…

 

翌日、彼が帰宅すると市子が失踪!!
荷造りの痕跡があり誘拐ではなく失踪!!逃亡!!なぜ!?ワイ!?

 

というところから彼が市子を探すため、ゆかりのある人に話を聞いて周り
市子という人間の半生を紐解いていく…って感じです。

 

ぶっちゃけどこまでがネタバレにならないのか良く分からないです…。
刑事さんのあのセリフまでは書いても良い気がしますが判断つかないので本当に導入部分だけになりました…。

 

てか書いてて思いましたがプロポーズするなら食事後にしてくれればいいのに。

 

ネタバレ無し感想

Twitterで町山さんが日本アカデミー賞の主演女優賞が杉咲花さんにならないとおかしい。くらいの事を公開当時呟いていたので知った映画。
アメリカにいるのに最新の邦画にも詳しいのなんで??

 

インパクトのあるポスターに、内容が全く分からない潔いタイトルで、なんとなく記憶の片隅に残っていたところAmazon primeでやるよと聞き付け鑑賞。

 

2時間をちょっと超える長さの映画でしたが、それぞれの人が市子を語る『羅生門』の形式でテンポよく進むのもあり、あっという間に観終わってしまった印象です。

何より導入部分が「なんで!?」と思わず掴まれてしまうので気になって気になって、途中でやめれません。笑

 

その冒頭が上のあらすじでも書いたように、
同棲中の彼と幸せそうに食卓を囲んでいた市子に突然プロポーズする彼。
思わず涙を流して喜ぶ市子。
ところが翌日、彼が帰宅すると市子が失踪していて…とかなり気になる出だしです。

 

幸せだったはずの彼女に何が??から始まり、市子って人間の凄まじい生い立ちを徐々に謎解きしていく感じが兎に角面白いです。
時系列が入れ替わっているので、ぼーっとみてるとちょっと分かんなくて置いてけぼりになるかもしれませんが、時系列云々の前にそもそも複雑な部分があるので、ちゃんと観ないと「え??誰??」ってなりそうです。

 

『誰も知らない』といい、制度から外れてしまった人が、普通に生きる方法って日本にないのか??って悲しくなる。

 

続きを読む

何者/人類みんな大体何者でもない

いつもお読み頂きありがとうございます。
今日は『何者』これから就活するよって人は多分観ない方がいい

 

  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想

 


まずは概要

 

原題:何者
上映時間:97分
監督:三浦大輔
脚本:三浦大輔
出演者:佐藤健/有村架純/二階堂ふみ/菅田将暉/岡田将生/山田孝之
公開:2016年
製作国:日本

 

何者

何者

  • 佐藤健
Amazon

 

若手オールスターって感じでそれだけで楽しいタイプの映画ですね。

個人的には菅田将暉くんと山田孝之さんがめっちゃ好きです笑

 

あらすじ

 

佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、菅田将暉が就活生となって大人になる前の通過儀礼"就活"を通して自分が何者かを知る話し。

それぞれ「こー言う人いるいる!!」って感じのステレオタイプで面白いです。

 

冷静ぶって自分の夢とか語るの恥ずかしいって佐藤健
夢とか平気で語っちゃって恥ずかしい奴だけどちゃっかり欲しいもの手に入れる菅田将暉
"達観していて人と違う俺カッコイイ"実は一番普通の岡田将生
人脈!!人脈!!動いてないと不安な典型的な意識高い系二階堂ふみ
派手なところは無く地味だけどちゃっかり色々手に入れる有村架純

 

どれかは自分や、自分の若い頃に当てはまるし、どれかは友達やクラスにいたタイプを凝縮して就活の荒波にのまれる若者たち…の話しではない。
SNSを使って人間の嫌なことろ描いた群像劇

 

ネタバレ無し感想

 

冷静ぶって自分の夢とか語るの恥ずかしいって佐藤健が主人公なので、似てる人間が観れば、岡田将生&二階堂ふみカップルは大嫌いだと思う笑
「お互いかっこ悪いとこを見せないまま同棲したから、家でもかっこつけてる」ってセリフは最高だった。

 

二階堂ふみタイプの人が観れば佐藤健は死ぬほど嫌な奴だと思う。
ずっと自分の事小ばかにしてるのがにじみ出てる。

 

就活の様子が結構丁寧にかかれているのですが、実は私も就活をしたことがない岡田将生みたいな奴なので家族に聞いたところ「誇張でもなく、かなりリアルとのこと」
これを経験してる人間と、していない人間では根性、人格形成含めて変わってくるなと思った。

 

みんな同じ格好をして、その中で目立たなくてはいけなくて、否定されて、点数の様な明確な基準も無く合否を出され…
徹底的に“お前は何者でもない”って突きつけられる儀式ですね。

 

 

続きを読む

MEN 同じ顔の男たち/同じ顔の男たちなんてどうでもよくなるパワー系キモ映画

いつもお読み頂きありがとうございます。
今日は『MEN 同じ顔の男たち』世はまさに大キモ時代

 

  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想

 


まずは概要

 

原題:Men
上映時間:100分
監督:アレックス・ガーランド
脚本:アレックス・ガーランド
出演者: ジェシー・バックリー/ロリー・キニア
公開:2022年
製作国:イギリス/アメリカ

 

MEN 同じ顔の男たち

MEN 同じ顔の男たち

  • ジェシー・バックリー
Amazon

 

 

あらすじ

あらすじとか言われても困るな…

 

旦那が飛び降り自殺?事故?を目撃して、いろいろやってられなくなったハーパーさん
イギリスの田舎でのんびり心を癒すか…って素敵なカントリーハウスに来たのが運の尽き


管理人は絶妙に失礼だし、町の子供には罵声を吐かれるは、神父様はセクハラ気味だわで最悪な気分で過ごしていたら、ダメ押しに全裸のおっさんに付け回される。

 

しかもこいつらみんな同じ顔してやがるのめっちゃキモいけど、全裸のおっさんが色んな意味で画力ありすぎて顔とかどうでもよくなる。

 

友達とテレビ電話も頻繁にして何とか楽しもうとしてるけど、肝心なところでいつも電波の調子が悪くなるしガビガビになった画面は一瞬だけどめっちゃ怖いし。
この映画観たら「ひとりで田舎に旅行行こう! 」 って女性が少なからず減りそうな気がする映画。

 

前半はそんな感じでキモさに全振りしていたのに、後半になるとプラスでグロい描写も増えるし、なんかもうとても説明できない出来事の連続だし、とにかく観て一人でも多くの人にキモイ気分になって欲しい。

 

ネタバレ無し感想

久しぶりの奇天烈な映画で少々面喰ってします

 

監督をしたアレックス・ガーランドは、あのピカピカディカプリオの『ザ・ビーチ』の原作を書いた人とか…??
ダニー・ボイル監督の『28日後...』シリーズの脚本を担当させているとか…??
なんとなく少し理解できるような…できないような…

 

あらすじでも書いてしまったようにとにかくキモキモキモグログロキモキモグロって感じ。
林檎を禁断の実とか、全裸おじさんはアダムだとか宗教的な雰囲気はプンプン漂ってくるけど、そんなのどうでもいい気持ち悪い。

 

タンポポの綿毛が受精のメタファーと聞いて「なるほど」と思ったのですが、綿毛の花言葉は「別離」で由来は『タンポポと南風』っていうアメリカの小話らしいです。
黄色い髪の少女に一目惚したけど正体はタンポポで白髪の老婆に変わり果て、風で飛んでいって二度と会えなくなりました…とか。

 

結構バチバチにこの映画と沿ってる気がします。
金髪のバカっぽい女性のお面をとったら、あのジジイ顔の子供だったり。
モチーフにされている気は凄くします!

 

あとはトリアー監督の『アンチクライスト』
これは観てる間中似てるなーと思いました。
オマージュしている場面も多い印象だし、同じモチーフでよりキモさに振ったって感じ。

 

続きを読む

モアナと伝説の海/松也は激怒した

ディズニー好きの癖にあんまり熱心に新作を観てないので今更初鑑賞です。
シーの新しい夜のショー“ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス”でモアナが結構出てくるんですよね。
メインはピーターパンですが。

 

そして音楽を毎日のように聴いていたら「モアナの曲良いな」っていうのと「釣り針がどうしたっていうんだ松也!!」と釣り針と尾上松也の関係が気になりすぎて遂に鑑賞です。

 

釣り針壊れちゃっただろ!
松也は激怒した

 

  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想

 


まずは概要

原題:Moana
上映時間:107分
監督:ロン・クレメンツ/ジョン・マスカー
脚本:ジャレド・ブッシュ
出演者:屋比久知奈/尾上松也
公開:2016年
製作国:アメリカ

 

 

ディズニーのモアナです。
今更感がすごいし、ネット上には感想があふれかえってますが書きたかったので…
日本のある映画にそっくりで面白かったです。

海を渡ってディズニーのフィルターを通るとこーなるんだーって感じ。

 

あとやっぱり松也最高

 

 

あらすじ

あらすじは作中でモアナが簡潔に何度も何度も説明してくれる
「私はモトゥヌイのモアナ。私の船に乗り、この海を渡って、テ・フィティの心を返しに行くの」
サンキューモアナ、君のいう事がすべてだ。

 

全てだけど、もうちょっと詳しく説明すると…
温暖で食べ物も豊富な島モトゥヌイに暮らすモアナちゃんは村長の娘で時期村長。
モアナちゃんが大きくなってそろそろ村長になるよって頃に島で異変が起こります。
異変の原因はばっちゃんが言ってたマウイもとい尾上松也に関する言い伝えじゃん!?ってことで
アムロがガンダム拾ったみたいに、ちょうどいいところにあった私のご先祖様の船に乗り尾上松也を探しにいくわ!って人知れず島を出ていき、海を渡って災いの元(テ・フィティの心)を返しに行けるかしら!?
って感じです。

 

モアナちゃんの説明のほうが分かりやすいですね。
でも釣り針は…??

 

ネタバレ無し感想

ちょっと想像していた感じと違いましたがかなり面白かったです!
ストーリーは言わずもがなですが、海の表現がびっっっっくりするほど綺麗です。
なんであんなに透明なのにちゃんと海って分かるんだろ本当にすごい!!

 

あと何気に波がすごい。
登場人物たちが波打ち際で話をするときなんて別に何となくチャポチャポさせておけばいいのに、ちゃんと白波だったり一つ一つ違う波が打ち寄せてるの何気にめっちゃすごいと思った。
勝手な妄想だけどスタッフも観て欲しかったんじゃないでしょうか、わざわざ真上からの俯瞰ショットで波打ち際を撮ってるシーンがあって本当にちゃんと波打ち際だった。

 

そして何より尾上松也氏の吹き替えめちゃくちゃ上手。
ディズニーの吹き替えって、他で言う“ゲスト声優”みたいな有名人を結構起用する割にみんなめちゃくちゃ上手で違和感ないんですよね。本当にすごい
インクレディブルの宮迫さんとか、カーズのぐっさんとか、トイストーリーの唐沢寿明さんとか。ぐっさんは言われても未だにぐっさんなのか分からない。
キャスティングが上手いのか、指導がいいのか…コナンのゲスト声優担当してる人にもノウハウ教えてあげて欲しい笑
あれはあれで味があっていいけど…笑

 

昨今のディズニーと言えばポリコレ、ポリコレ、多様性、多様性で離れてしまった人もいるのではないかと思いますが、この辺りだとまだ多様性も過剰じゃなくて、話に広がりが生まれていていいですね。
何が面白いってマウイのディズニー弄りですよね。笑
「綺麗な服を着て動物のお友達がいりゃプリンセス」
「おい、歌うのか。勘弁してくれ」
『リトルマーメイド』までのディズニークラシックとルネサンス期のディズニーあるあるを自分たちで弄るなんて…笑
お友達の鳥だいぶヤバいけどね…

 

でもこのセリフ、ギャグだけじゃなくて何気に大事な意味がある気がしてます

 

続きを読む

アンテベラム/何も見ないでとにかく先に観てほしい!!

せっかく辿り着いて頂いた中、タイトルでいきなり 見るな 的に書いて申し訳ないです。笑
先にネタバレ観たらめちゃくちゃ勿体ない系の映画です。

今日はそんなアンテベラムです。
これはマジで面白かった!! 個人的には近年の差別を扱ったスリラーで一番驚きました!!
小物の使い方がマジで最高!!

Filmarksにネタバレなしで感想を書くのが難しすぎてコッチが先になりました。
ネタバレありにチェック入れればいいだけの話ですが、全文消えてしまうじゃないですか。
とにかく色んな人に見て欲しいのに、ネタバレするとすべて見えなくなるので…

 

  • まずは概要
  • あらすじ
  • ネタバレ無し感想
  • ネタバレ有り感想

 

まずは概要

原題:Antebellum
上映時間: 106分
監督:ジェラルド・ブッシュ/クリストファー・レンツ
脚本:ジェラルド・ブッシュ/クリストファー・レンツ
出演者:ジャネール・モネイ/ジェナ・マローン/ジャック・ヒューストン
公開:2020年
製作国:アメリカ

 

次項でネタバレなしであらすじを書こうと思っているのですが、マジで何も情報入れないで観る方が100倍面白いと思います。
私は制作陣だけで観たいリストに入れていたので、マジで“黒人物のスリラー”くらいしか知らないで観たのでめちゃくちゃ面白かったです!!
ここまで読んで「とりあえず観てみるか…」となってくれるのが一番です。
どうしても「なにか分からない物に時間使いたくない」とか「あらすじ知ってからじゃないと楽しめないんだ」みたいな人だけあらすじを見ればいいと思います。

予告編もネタバレぶっこんできてるとの事で観ない方がいいかと思います。

 

アンテベラム(字幕版)

アンテベラム(字幕版)

  • ジャネール・モネイ
Amazon

 

あらすじ

南北戦争中のアメリカ、ルイジアナ州の白人屋敷、綿花農場…とくれば当の然で黒人奴隷がいるわけです。迫害されまくり。
最初のシークエンスから騒然とした脱走劇と、容赦ない迫害シーン。
『ゲットアウト』、『アス』の制作陣が作った映画とのことである程度は想定しておりましたが、今回は捻りなくめちゃくちゃストレートにアメリカの黒人問題を描いてきた!!

 

…と思ったら現代に場面が転換します。
女優さんは同じジャネール・モネイさんですが名前も、境遇も前半の黒人奴隷時代とは当然異なっており、黒人や女性の人権問題に立ち向かう学者さんで本も出版しており、これから演説会を控えたバリキャリ。
そんな人権問題の学者さんですら南部に行けばホテルでは目の前で電話に出られ後回し、レストランでは端っこの狭い席を案内され、挙句安いワインを進められるという雑な扱いを受け、観ているこっちも嫌な気持ちになる。
そんないや~な不穏な空気にぞわぞわしていると、案の定事件に巻き込まれるヴェロニカ。

 

ヴェロニカの運命は!?過去との因果は!?みたいな感じです。

 

ネタバレ無し感想

なんだかアホみたいにポップな感じであらすじを書いてしまいましたが、そんなポップな作品じゃないです。笑
迫害シーンは『ジャンゴ』ほど強烈ではないですが、しっかりと描かれてますので楽しいお話ではないです。

 

でも映画としてはかなり良くできていて面白いと思います。
アメリカ、南部、黒人でどんな映画か想像がつかないとびっくりしてしまうかも…。

 

はやくネタバレしながら感想書きたいのでネタバレなし感想短くて申し訳ないです。

これだけです笑

 

続きを読む