ぱぷでみー賞

日本一役に立たない映画感想とか趣味の話し。

17歳のカルテ/女子版『カッコーの巣の上で』か?? ギャルゲー in 精神科病院か??


スポンサードリンク

いつもお読み頂きありがとうございます。
今日は『17歳のカルテ』
ウィノナ・ライダーがノンフィクション小説に惚れ込んで、自ら買い取って作った映画らしいですが、印象に残るのはアンジーという…

 

 


まずは概要

 

原題:Girl, Interrupted
上映時間:127分
監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:ジェームズ・マンゴールド/リサ・ルーマー/アンナ・ハミルトン=フェラン
出演者:ウィノナ・ライダー/アンジェリーナ・ジョリー/クレア・デュヴァル/エリザベス・モス/ウーピー・ゴールドバーグ
公開:1999年
製作国:アメリカ/ドイツ

 

 

17歳のカルテ (字幕版)

17歳のカルテ (字幕版)

  • ウィノナ・ライダー
Amazon

 

 

あらすじ

17歳のスザンナちゃん高校卒業式後に大量の薬とお酒を飲んで病院送り、そこで境界性パーソナリティー障害と診断されて、精神病棟に入れられちゃうのですが、個性豊かな面々の中で強烈なインパクトで登場するリサことアンジェリーナ・ジョリー。
施設を抜け出して警察につかまって戻ってくるというアンチヒーロー感が半端ないご帰還。

処方された薬をちょろまかして取引したりとしているうちに、なんやかんや仲良くなる二人。

てかこの病院可愛い子ちゃんだらけ。
(一昔前のギャルゲーかな??)
その筆頭になんかお姫様みたいなデイジーちゃんとかいってぼちぼち楽しそうである。
デイジーちゃんはデイジーちゃんで中々やばそうな感じですが。

 

夜中にアンジーに誘われて地下の遊具室?みたいなところで遊んだり、院長室に忍び込んでカルテを盗み見たり…若い女子がキャッキャしているせいかやっぱりぼちぼち楽しそうである。

 

すったもんだ色々あり、衝撃的な事も起こり、2人の可愛い子ちゃんたちがどうなるでしょう…??って感じです。
ちゃんと最後まで書かれていて、すっきり終わります。

 

ネタバレ無し感想

 

たしか17、8年くらい前から見たい映画リストには入っていたのにずーっと観る機会を逃していた映画。たまたまCSでやっていたのでこの度めでたく鑑賞出来ました。笑

 

女子版『カッコーの巣の上で』という感じで、ストーリーも絵面も似てますが主題が全く違いますね。
『カッコーの巣の上で』は精神病棟をメタファーに自由を描いた感動作ですが、こちらは実話小説の映画化で純粋に体験したことがかかれているという印象。
同様の体験をした人たちにとっては感動したりと思うところがあるかもですが、基本的にはこういう事があるのかーと各々感想を持つタイプの作品なので趣きがかなり違うかと…

 

中でもみんなが興味を持つのはアンジーの若い姿かと…笑
顔はウィノナに引けを取らず抜群に可愛いけど、圧倒的にヤバそうな雰囲気がすごくて、完全に主人公で製作にまで関わってるウィノナを食っちゃってますね。
アカデミー賞とかゴールデングローブ賞とかのノミネートがか受賞をしたのも納得です。
若いからかセクシーな感じより退廃的な雰囲気があってキャラにめちゃくちゃあってる。
アンジーって元々退廃的でヤバそうな雰囲気ありますもんね笑
それが遺憾なく発揮されていて、ちょっとウィノナが不憫です。

 

私は映画を観て落ち込むタイプではないので、全然平気ですがちょっと不安定な人だとやられちゃうんじゃないかってエピソードがありますのでご注意を…。

 

 

 

ネタバレ有り感想

ネタバレ有りでこの映画の感想を書くとすれば、私はやっぱりデイジーが強烈な印象を残してくれたので書きたくなってしまい、ここでも立ち直り作家を目指すウィノナはさらっと流れてしまうのでやはり不憫。

 

最初からヤバそうな雰囲気があったデイジーちゃんですが可愛いし、お部屋や話しぶりを聞いてもそれなりに裕福そうで何故感が強いのですが、「パパの作ったチキンしか食べない」とか言っていて摂食障害かな??と思うのですが、ベッドの下にそのチキンの食べかすを隠し持っていたりでチキンへの執着が半端ないと思ったら(笑)

 

当たり前ですが「”パパ”の作ったチキンしか食べない」パパへの執着だったんですね。

 

劇中で退所して、パパが用意してくれたお部屋で一人暮らしをしているところにウィノナとアンジーがお邪魔するのですが、アンジーが手首のリスカ痕を見つけてパパとの性的な関係を責め立てるんですが、それが事実かは分かりませんが、デイジーのパパへの執着とか、一人暮らしの部屋とか、異常に大事にされていた様子とかが、その発言で腑に落ちまくりました。
なるほどねーと。

 

パパの事は親として大好きだったのに、性的虐待をされて嫌だったけど、パパがより大切にしてくれて、期待に応えようとする自分も、パパに嫌われるのみ嫌で精神不安定になりました。って感じでしょうか??可哀相に…
Twitterとかで風俗業に従事して悲観的な呟きしている子たちに似たものを感じる。

 

そのことをアンジーに指摘されてギリギリ保っていた精神がバランス崩して、自ら首吊って自殺…
言わずもがなあのシーンが劇中一番衝撃的でした。

 

 

ぱぷぽ