ぱぷでみー賞

日本一役に立たない映画感想とか趣味の話し。

エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事/掌で転がされるダニエル・デイ=ルイス


スポンサードリンク

いつもお読み頂きありがとうございます。
今日は『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』

 

 


まずは概要

 

原題:The Age of Innocence
上映時間:139分
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:    ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
出演者:ダニエル・デイ=ルイス/ミシェル・ファイファー/ウィノナ・ライダー
公開:1993年
製作国:アメリカ

 

 

エイジ・オブ・イノセンス (字幕版)

エイジ・オブ・イノセンス (字幕版)

  • ジョアン・ウッドワード
Amazon

 

 

あらすじ

 

1870年代のアメリカ、ニューヨーク、社交界!!最高
弁護士のニューランドさんが、可愛い可愛いメイことウィノナ・ライダーと婚約しているところに、幼馴染の自由奔放美人のオレンスカ夫人ミシェル・ファイファーさんが参戦。
でも社交界と言ってもヨーロッパ貴族の生活やファッションをそっくりそのまま真似た浅~い感じが何ともする。

 

そんな社交界でメイは古風なところがあり、オレンスカ夫人は真反対の自由人。
実はヨーロッパの本物の貴族に嫁いだけど旦那が横暴で離婚するために逃げてきたとかいう自由人っぷり。

 

華族は世間体があるから離婚してくれるなという姿勢ですが、当の主人公ニューランドさんはあまり保守的でもなかったのもあり、美人になって帰ってきた幼馴染で気になって気になって仕方ない…。

 

早く結婚しちまおう!!と思っても古風なメイは何をそんなに急いでおる。順を追ってしましょうや。って感じで元々保守的ではなかったニューランドさんと、自由奔放なオレンスカ夫人はどんどん意気投合していくは、オレンスカ夫人はみんなの爪弾き者にされるはで「俺が守ったらな」って気分になるんでしょう。私は男じゃないから知らないけど…てな感じのベタな展開で、割と静かな映画です。

 

ネタバレ無し感想

 

この映画は!! 私がこの世で一番大好きな映像作品シリーズ!!
『Gossip Girl』の中で!! 丸々一話この映画が題材?テーマ?の回があるんです!!
だからずーーーーーっと観たくてやっと鑑賞!!
DVD買うか一生悩んでいたのですがGossip girlの登場人物が「(文学系女子)大好きな作品」「(学年一のイケメン男子)あんな何も起きない退屈な映画のどこが!?」というやり取りがあるので、全く自分にはまらなかったらどうしよう…と躊躇していました笑

 

結果ハマりはしなかったですが、ちゃんとそれなりに楽しめるのはさすがマーティン・スコセッシ監督。

 

文学系女子のいうディテールが最高なんだというところは、繊細さ皆無の私には分からなかったですが、彼女がボタンを外す仕草で内なる情熱を表現している。と解説してくれたのでそういうものかーと思いながら鑑賞。

 

てか、なんでGossip girl内の演劇でメイが自由奔放ブロンドのセリーナで、オレンスカ夫人が生粋のお嬢様気質でブルネットのブレアだったんだろ??作中でもちょっと触れられてたけど逆じゃん??笑

 

話しを戻してダニエル・デイ=ルイスが苦悩する上流の弁護士ってのがめちゃくちゃハマってていい。

 

ほとんどGossip girlの感想になってしまいました…。

 

 

ネタバレ有り感想

 

まぁ晴れてニューランドさんとオレンスカ夫人は結ばれてしまうのですが、汚れなき情事なんて副題が入っているだけに過激なシーンというか気まずいシーンは無いです。
一度のキスと、手を重ね合わせるくらいだったと思います。

 

この辺が大人な恋愛映画だなという感じ。
でも馬車の中で手袋?だっけかな脱がせるシーンは何とも色っぽかったです。

 

そしてこの映画、実は『マディソン郡の橋』的な死んでから明るみに出ますよ的なオチなのですが。
こちらはまさかの息子からひょんな形で知らされます。
メイは実は二人の関係知ってましたのよ。と息子には分からない形で…

 

古風な女こえー…
全てを知っててニコニコと婚約者と結婚し、家庭円満に暮らし、死んでから再会させてあげるという…いやめちゃくちゃイイ女なのかもですが、手のひらで意のままですよ感が凄い。

 

しかもまた変な賭けを一人でして再会しないで終わるんですよね。
メイがお膳立てしてくれたのに。
Gossip girlで「あんな何も起きない退屈な映画」って言われるのも分からなくはない。

 

でもこの映画結局メイ目線で観るのが正しいのかもしれないですね。
女は強しですね

 

 

ぱぷぽ